Episode4 引田の潮風に吹かれてみる

プロジェクトが大きく動き始めている。今日は、まだ引田にきたことがないメンバーも拠点見学ツアーにきました。すっごく晴れてて、太陽こんにちはー!って天気の中、カメラのシャッターを切りまくる。

“We are pirates who steal your heart.”プロジェクト(以後パイレーツプロジェクト)は、僕にとって、まちづくりのあり方を考えるものでもあります。まちの住民として僕がすべきことは何なのか。

だから、最近すごく考えてみていることが二つあります。だまれ若造!とか言わないでね。

まず、「地域活性化」とか「地域の豊かさ」って一体何なのかっていうこと。「地域活性化」のためにお祭りを催す。「地域活性化」を目的に観光施設を作り出す。「地域の豊かさ」を作り出すために、綺麗な施設を作る。

地域活性化とか豊かさを作り出すというのは、経済活動を活発にするということなのだろうか。

次に、人口減少を食い止めるために、若者に定住させるような政策を行政が打ち出していくことが大切なことなのかということ。「大学卒業して東かがわ市に就職すれば、学費の補助が出るという政策が打ち出されるかもしれない」と誰かが嬉しそうに言っていたのを聞いたことがある。

うーーーん。まちづくりって、その街に住む人が幸せに暮らせるようにしていくこと。で、それを中心となってしていくべき人が、僕たち住民自身。この事実は明確だと思うんだけど。

「少子高齢化」が問題視される中、若者人口の流出をどうにか食い止めようとすることは大切なことかもしれない。でも、若者と高齢者がお互いに良い影響を与え合う関係性を築き、みんなが「今」幸せだと思える状況を作っていくことがもっと重要だったりしているのかな。その結果、地方の「繋がり」に惹かれた人たちが、少しずつ集まってきて活気を取り戻すって感じ?

だから、海賊になりたいっていろんな人が集まって、話すようになって、繋がりができていって、お互いに支え合うようになって、何だかやっていくうちに、希薄化してた繋がりが世代を超えてまた現れていくといい。

プロジェクトの中で僕自身も一生懸命考えて、いろんな人の話を聞きながら少しずつ答えを見つけていこう。

でもね、まだ僕は若いから、理想とか夢しか語れないもん!!だから、海賊になるもん!!!!!!!!

というわけで、今日は引田の潮風に吹かれてみて、お日様に「こーんにーーちわあ」っって言ってみたのであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です