PROJECT-2022 teB project

NEW EPISODE

PROLOGUE

2021年の夏に僕たちが見た、東かがわ市の人々の強くユニークであたたかい繋がりを巡る物語。このまちのエネルギーは、どんな野望でも可能にする。2022年、再び僕たちが動き出すのは、そのエネルギーを外へと放出するためだ。題材にする「手袋」は、東かがわ市が誇る地場産業であり、みんなの心を優しくあたためてくれる。その一つ一つが重なり、繋がりあったとき、きっと、熱くパワーがみなぎる瞬間がおとずれるだろう。

OUTLINE

東かがわ市の手袋生産を担う企業の方々に協力していただき、実現するアートプロジェクト。teB projectは、略して「テブプロ」。(てぶくろと韻を踏んでみた。)プロジェクトには、「THE BIGGEST ONE」と「ハカセロ!!!」の二つのフェーズがある。どちらも、手袋生産に使われない布を資材としてチームで制作を行う。最後には、お披露目イベントを行い、音楽や照明、プロジェクションマッピング等で特別な空間を演出する。

Phase1 “THE BIGGEST ONE”

使わずに眠っている布に息を吹き込み、世界一大きな手袋を作る。

東かがわ市の伝統産業である手袋。国内手袋生産の90%は、このまちで作られている。手をつつみ、温めてくれる優しいプロダクトの生産地「東かがわ市」は、実にクレイジーで物凄いところなんだ!!!まちのみんなで協力したら、誰もやったことのないことも簡単にやってのけちゃうんだから。

[概要]
手袋に使われなかった布を集め、行き場のない布をありったけ頂いて、それを資材に「世界一大きな手袋」を制作する。

Phase2 “ハカセロ!!!”

使わずに眠っている布に息を吹き込み、空き家にハカセロ!!!

東かがわ市には、空き家が多い。人が住まなくなった場所は、その温かさを失っていく。そう、今こそ、僕たちが温めてあげるべき時だ!!!手袋を「はく」(東かがわ市で手袋を身につけることを指す)と、手が温められるし、なんだか安心する。このまちのみんなで協力して、僕たちが空き家にも、ハカせてあげよう。きっとこの場所は温かくなるし、熱くパワーがみなぎる瞬間がおとずれる。その熱を外へと放出していくんだ。

[概要]
手袋に使われなかった布をありったけ用いて、空き家の全てを布で覆い尽くしていく。田んぼ道の中に、カラフルで異質な、元気でエネルギッシュな空間を作り出すことが目標である。

基本情報

1、スケジュール

制作期間3月ー7月
お披露目イベント(仮)8月
ワークショップ「布でつくろう」(仮)9月上旬

2、主催
GAME CHANGER-創造的自由奔放集団-

COLLABORATOR

後ほど公開